トップページ

これからは介護福祉の時代

高齢化社会の日本

現在日本は、高齢化社会へと進み、高齢者の数が近年増加の一途を辿ってきていると言えます。それにより福祉関係の資格の需要が増えてきているのは、高齢化社会への急速な流れからきていると思います。高齢化社会により、高齢の方の比率もたいぶ大きくなってきています。今や、高齢化社会という呼び方はもう古く、高齢社会というのが妥当の線でしょう。これからどうしていくか、介護の質をどう上げていくかと言うことが一番大切なことだと思います。クオリティオブライフ(生活の質)の向上にも努めなければいけませんよね。
もちろんその中にも、元気に年をとって介護をまだまだ必要としない方もいらっしゃいますが、以前より体の働きが弱くなってしまって、介護をしてもらいながら生活をする人々も増えているのです。
このように、介護を必要とする人は年々増えていくと思われます。しかし現状では、介護を必要とする人は増え方に対して、介護をする方の増え方はまだまだ追いついていない状況です。

 

そこで、介護をするお仕事の中でも介護福祉士に注目してみました。介護福祉士の資格試験の受験者は年々増加してきており、さらに、今後介護福祉士の資格を取る方が増えることによって、介護を必要とする人が余ることなく、すべての方々が介護を受けられるような社会になればと思います。
当サイトでは介護福祉士に関する情報をご紹介していきたいと思います。介護福祉士の現状や仕事内容などをご紹介していきますので、介護福祉士を目指している方や介護に興味のある方たちへのわずかながらの知識となっていただければうれしく思います。介護施設の代表的な有料老人ホームには医療体制が整った有料老人ホームも増えています。

介護福祉士について

介護福祉士についてご説明していきます。
介護福祉士は、身体的あるいは精神的に障害がある方の食事・入浴・排泄などの介護などの、日常生活に支障がないように送ってもらう手助けをする仕事が主な仕事になります。また、介護を受けている人が円滑に社会生活に参加できるように、生活の自立を促す正しい介護の仕方を、ご家族への指導をするという仕事でもあります。その間も、本人や家族の精神面のフォローを行っていくのです。
介護福祉士のことは、別名ケアワーカーとも呼ばれています。また、介護福祉は国家資格となっており、国家試験を合格しないと資格を取得できません。
介護福祉士は、高齢者の方や身障者の方が、日常生活を安心して送れるように、専門的に援助してくれるのですが、以前はこの制度が確立されていなかったので、介護に携わる人口が少なかったのです。しかし、介護福祉士という制度が作られたことにより、介護に携わる人口が増え、介護で苦労していた方々の相談できる存在ができました。
高齢化社会への流れになっている日本にとって、高齢者の病気や体が上手く動かせず寝たきりなるなど問題は山ほど出てきています。
また、身近に介護をしているご家族の負担は計り知れなく、相当な苦労をしているのが現状です。
そんな、身近で介護している人たちにとって、介護福祉士の存在は、幅広い知識と技術、介護の心を持って接してくれますので、常に現場で問題に立ち向かってくれる介護のエキスパートの介護福祉士は、とても頼もしい存在となっています。
少子高齢化の流れが終わる様子が無い今の日本で、安心して老後の暮らしが出来る社会を支えている「介護」という仕事は、優秀な介護福祉士の増加の必要性が高まっています。

介護福祉士の資格

介護福祉士の資格取得は、高齢化社会への急速な流れで進んできているため、需要が高く、また、介護福祉士への社会の関心も年々高まってなっています。有料老人ホームの数も年々増えていて、介護士の不足が騒がれています。
介護福祉士の資格を取得して、有料老人ホームなどの施設へ就職することにより、お年寄りや介護が必要な人たちの支えとなり、生活の手助けとなります。そのため、介護福祉士としての仕事に、生きがいややりがいを感じる方も多いです。

Valuable information

豊富なな品揃えのアスクルカタログ

アスクル カタログ

介護タクシー・ケアタクシーの検索や予約をお考えなら「くるのる」へ。料金・車両・対応地域など情報満載。住所や利用条件を指定してご希望の介護タクシーを簡単に検索!介護タクシー事業者の皆様、掲載は無料となっております。

介護タクシー

人気のマカサプリ5種を今回徹底調査しました。

マカ サプリ

圧倒的なインプット量と反復トレーニングで英語を自在に操れるようにするオンライン英会話です。

スカイプ英会話 子供

2016/3/24 更新

↑ページトップ↑